読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっさり日記

だらだらと。

GroovyからJavaFX2.0を使ってみる、その2

Accordionなるコントロールがあったので試しに使ってみた
Accordionの要素であるTitlePaneはNode型ならなんでも入るという素晴らしさ(`・ω・´)

  • 実行結果

  • ソース
import javafx.application.Application;
import javafx.stage.Stage;
import javafx.scene.Scene;
import javafx.scene.Group;
import javafx.scene.layout.*;
import javafx.scene.control.*;
import javafx.builders.*;

class GroovyTest1 {
    static void main(args){
        Application.launch(TestWindow, args)
    }
}

class TestWindow extends Application{
    void start(Stage stage){
        // タイトル、コンテンツ共に普通にコントロールとして機能します
        // タイトルをラベル、コンテンツをボタン
        def titledPane1 = new TitledPane(new Label("ラベルのタイトル"), new Button("ボタン"));

        // タイトルをボタン、コンテンツをラベル
        def titledPane2 = new TitledPane(new Button("ボタンのタイトル"), new Label("ラベル"));

        // タイトルをチェックボックス、コンテンツをテキストボックス
        def titledPane3 = new TitledPane(new CheckBox("チェックボックスのタイトル"), new TextBox("テキストボックス"));

        // VBoxとHBoxを使ってみる
        def vbox = new VBox(spacing:4)
        def hbox = new HBox(spacing:4)
        
        hbox.children.addAll(
            new Button("ボタン"),
            new Label("ラベル"),
            new TextBox("テキストボックス"),
        )
        vbox.children.addAll(
            new Label("ラベル"),
            new Button("ボタン"),
            new TextBox("テキストボックス"),
            new CheckBox("チェックボックス"),
            hbox,
        )
        def titledPane4 = new TitledPane(new Label("コンテンツにVBox"), vbox);
        
        def accordion = new Accordion()
        accordion.panes.addAll(
            titledPane1,
            titledPane2,
            titledPane3,
            titledPane4,
        )

        stage.with{
            title = "JavaFX Controls"
            scene = new Scene(
                accordion, 300, 300
            )
            visible = true
        }
    }
}